top of page
検索
  • 執筆者の写真管理人

東京オリンピック世界最終予選

2021年5月8日、ブルガリアにて開催され、男子グレコローマン130kg級・園田新(ALSOK)が出場し、初戦の2回戦で2020年パンアメリカン選手権3位のベネズエラ選手を破ったものの、準々決勝で2020年欧州選手権優勝のアリン・アレシュク・シウラリウ(ルーマニア)に敗れ、東京オリンピックの出場権を逃しました。

残念な結果にはなりましたが、これまで園田選手は絶え間なく努力をしてきました。

今後も、協会で応援を続けていきたいと思います。また園田選手のように世界で挑戦できる選手の育成に励んでいきたいと思います。協会の活動に応援、協力よろしくお願いします。

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本レスリング協会公認審判員令和6年度A級昇級試験結果

今年度、日本レスリング協会公認審判員の令和6年度A級昇級試験の結果が発表され、滋賀県から中田絵理子と北岡佑介の2名が見事合格し、A級審判員になりました。A級審判員は全国大会の試合の審判をすることができます。中田さんは、滋賀県としてはつの女性A級審判であり、北岡さんは20代での取得です。これから大きな活躍が期待されます。

Comments


bottom of page